Close this message By using Trinity Laban's digital services you agree to our use of cookies as described in our Privacy Policy.

トリニティ・ラバンのオーディションは、あなたについて知るために行うものですが、パフォーマーや作曲家としてのあなたの能力だけでなく、あなたがどのような人物かを確かめ、当校のアプローチの恩恵を受けるミュージシャンになる可能性があるかを見極めるためのものです。オーディションは、ポジティブでフレンドリーな雰囲気の中で行うように心がけていますので、あなたもぜひ楽しみながらオーディションを受けてください。

下記に各学科のオーディションの要件について簡単にまとめてあります。主要研究分野のオーディション申込用紙の詳細や、以下に記載のないコースやプログラムについては、日本語のオーディション情報ページをご覧ください

http://www.trinitylaban.ac.uk/japaneseapplicants

  • オーディションでは以下のいずれかを行っていただきます―主要研究として選んだ楽器の演奏/もしくは歌、または自分の作曲ポートフォリオのプレゼン。
  • 一部の主要研究分野については、同日に2度目のオーディションを受けるように指示される場合があります。
  • 短い初見演奏またはインプロビゼーションのテスト、またはその両方を行うよう求められる場合があります。
  • 学位コースの出願者は、簡単なテストと面接が必要とされる場合があります。必要な場合はトリニティ・ラバンが伴奏者を用意しますが、オーディションのために一緒に練習してきた伴奏者を自分で連れてくることを強くお勧めします。
  • オーディションでは、自分で選んだ対照的な歌を2曲(10分以下)歌い、短いモノローグを1つ語り、そして2分以下のダンスをしていただきます。
  • 簡単なテストと面接を受けていただきます。
  • また、ウォームアップのエクササイズを含む90分のグループ・ワークショップに参加し、グループソングを含むミュージカル・シアターのシーケンス、ダンスのシーケンスとスクリプト作業について学んでいただきます。

Facebook logo    Twitter _follow  Linkedinlogo