Close this message By using Trinity Laban's digital services you agree to our use of cookies as described in our Privacy Policy.

トリニティ・ラバンでのミュージカル・シアター・パフォーマンスのトレーニングは、近年非常に素晴らしい評判を得ています。この学科は、多様なミュージカル・シアターに適用できる多様なスキルを身につけた、クリエイティブなプラクティショナーの養成を特色としています。そのため卒業後の就職率が高く、卒業生は英国の音楽業界の中でも競争が激しく年々人気が高まっているこの分野においてキャリアを積んでいくことができるのです。

学生は、オーディションの競争が激しく高い興行価値を求められる世界でやっていけるように、この業界において一流のプロとして活躍する講師陣からコーチングとサポートを受けることができます。専門家講師陣が、パフォーマンスのワークショップや上級特別クラスを通して、しっかりした技術とアーティストとしてのレベルをできる限り高い基準まで伸ばせるよう学生をサポートします。

3年間の練習期間の間、学生は9つのパフォーマンス・プロジェクトを割り当られ、パフォーマンスのスケールとサイズを発展させていきます。

パフォーマンス・プロジェクトには以下のようなものがあります。

  • 小規模および中規模作品の上演
  • クラシックおよびコンテンポラリーなミュージカル・シアターのレパートリー
  • シアター教育
  • ソンドハイムの作品の徹底研究
  • エージェント・ショーケース
  • ミュージカルの考案

ミュージカル・シアター学科の学生は定期的に、さまざまなパフォーマンスやワークショップの設定の中で他の学科の学生や講師と一緒に練習を行います。

この学科の卒業生は、ウエスト・エンドのミュージカル・シアターで上演される作品や、海外や英国をツアーで上演される作品、映画やテレビに出演するだけでなく、エンターテイメント業界のさまざまな場所で活躍しています。当学科は、ロンドンのウエスト・エンドの厳しいミュージカルに出演できるほどのミュージシャンを養成するという評判を長年にわたり確立しています。また、現在ミュージカル・シアターで活躍する多くのアーティストや音楽監督、オーケストラ団員がトリニティ・ラバンのMusical Theatre(ミュージカル・シアター)学科出身です。

Facebook logo    Twitter _follow  Linkedinlogo