Close this message By using Trinity Laban's digital services you agree to our use of cookies as described in our Privacy Policy.

「Wind, Brass and Percussion(吹奏楽器・管楽器・打楽器学科)のページにようこそ。当学科では、多様な演奏環境において最高のレベルで自信をもって演奏できる、一流ミュージシャンやパフォーマーを養成します。今の音楽業界は非常に変化に富んでいますが、WBPではそんな業界に対応できるよう、厳しい指導を行っています。」

Head of Wind, Brass and Percussion(吹奏楽器・管楽器・打楽器学科長)イアン・ミッチェル

当学科の各分野について楽器ごとに毎週行われる授業では、レパートリー、テクニック、スタイルに関するさまざまな問題、多様なジャンル、パフォーマンス、移調、初見演奏、録音スタジオでのテクニック、ダブリング、ピリオド楽器、演奏時の不安などについて学びます。

また、時間割に毎週組み込まれている室内楽セッションは、室内アンサンブルでの演奏経験を頻繁に得られる場となっています。

ソロ、室内楽、室内管弦楽団、交響楽団、ウインドオーケストラ、オペラオーケストラ、ピットバンド、ウインドアンサンブル、ブラスアンサンブル、パーカッションアンサンブル、混合アンサンブル、1年生と2年生のシンフォニア、他に毎週レパートリーオーケストラ。

Wind, Brass and Percussion(吹奏楽器・管楽器・打楽器学科)の学生は、3日間の即興フェスティバルから高名なロンドンの会場での演奏まで、広範囲にわたるユニークなイベントに毎学期参加します。

Facebook logo    Twitter _follow  Linkedinlogo